遺品整理を行う時期

遺品整理を行う時期・メリット

遺品整理を行う時期と早めに行うメリット

遺品整理を行う時期というのはとくに決まりはありませんが、財産になるもの骨董品や宝石、土地や家の権利書だったり、株券などの相続税が発生するものがあるのならば、その期日までに間に合う様に遺品整理を行う必要があります。またこれらのものがある遺品整理はない時よりも丁寧に分別し遺品整理作業を行わなければならなかったり、各種の手続き(例えば、所有権移転登記や名義変更)も行わなければならないため非常に時間がかかります。なのでなるべく早く行った方がいいでしょう。

退去手続きが素早く行える

遺品整理を早めに行うメリットして賃貸物件など、家賃が発生している物件での退去手続きが素早く行えることです。最近ではマンションなどの賃貸物件住まいの高齢者の方も増えてきました。退去は遺品整理を行ない不用品などの処分を行ない、マンションの規定にもよりますが、クリーニングを済ませた後での引き渡しになります。そのため遺品整理をせずに部屋に遺品を置いたままですといつまでも退去できず、家賃を支払い続けなければならなくなってしまいます。早期の遺品整理で無駄な支出をおさえる事もできます。

相続問題

遺品整理自体には決められた期日はありません。しかし、相続には期日があります。3ヶ月何も手続きをしないでいると単純承認といってすべての財産を引き継ぐ事になります。その際に持ち家などの名義変更などが必要となってくるので家の権利書などが見当たらない場合などは探索する必要があります。またプラスの財産だけならいいのですが、故人が1人で抱えていた借金などがある場合そちらも引き継ぐことにもなります。あまりにも膨大な借金などの場合は相続を放棄する手続きも必要となるため時間もかなり必要になってきますので書類等は早い段階で把握しておかなければなりません。

権利書の探索

意外とご依頼が多いのが「家や土地の権利書などが見当たらないので探して欲しい」というご依頼です。通常ならば、家・土地の権利書は家のどこかにあるはずですが、隠しタンスなどに保管されていたり金庫などがどこにあるのかわからない場合も多い様です。家や土地などの権利書は相続につながってくることですし、また名義変更を行う場合なども必要なことがあります。また紛失した場合も再発行や手続きに時間がかかるので、権利書などは早い段階で探索し手元に置いておける方が良いでしょう。

遺品整理・不用品回収の神戸ライフパートナーズへのお問い合わせは0120018653
遺品整理・不用品回収作業費用5%オフ